肺癌のうち、喫煙(Smoking)と関連が深いと言われる組織型は、肺小細胞癌(Small cell carcinoma)と扁平上皮癌(Squamous cell carcinoma)である。どちらも肺門部(中枢側)に好発する。

肺癌の組織型は【小細胞癌】と【非小細胞肺癌】に分けることができる。

さらに、【非小細胞癌】は腺癌と扁平上皮癌と大細胞癌とに細分される。


関連項目 このページのURLでもある。

ブリンクマン指数(喫煙指数) = 【1日の喫煙本数 x 喫煙年数】

ブリンクマン指数は国内では有名な喫煙によるリスク評価の指標であるが、国際的にはpack-yearsが使われている。

pack-yearsとは【(1日の喫煙本数/20本) × 喫煙年数】 つまり 【1日のタバコの箱数 × 年数】


医師国家試験 タグ検索【肺癌】

医師国家試験 タグ検索【禁煙】

医師国家試験 タグ検索【慢性閉塞性肺疾患(COPD)】


COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン