薬剤師の守秘義務(刑法第 134条)に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 親告罪である。

2. 正当な理由がある場合には、秘密を漏らしても、守秘義務違反にならない。

3. 守秘義務違反によって懲役刑に処されることはない。

4. 医師と薬剤師の守秘義務では、規定されている刑罰に差がある。

5. 業務上知り得た秘密であっても、その後、薬剤師でなくなった場合には、その秘密を漏らしても、守秘義務違反にならない。

解答を見る