Aさん(55歳、女性)は、夫と2人で暮らしている。進行性の多発性硬化症で在宅療養をしている。脊髄系の症状が主で、両下肢の麻痺、膀胱直腸障害および尿閉がある。最近は座位の保持が難しく、疲れやすくなってきている。排尿はセルフカテーテルを使用してAさんが自己導尿を行い、排便は訪問看護師が浣腸を行っている。夫は仕事のため日中は不在である。

 Aさんの身体状態に合わせた療養生活で適切なのはどれか。

1. 入浴はシャワー浴とする。

2. 介助型の車椅子を利用する。

3. ベッドの高さは最低の位置で固定する。

4. セルフカテーテルはトイレに保管する。

解答を見る