60歳の男性。動悸を主訴に来院した。以前から時々脈が欠けるのを自覚していたが、症状が強くないので様子をみていた。2日前に熱めの湯船につかったところ、いつもとは違う持続する動悸を自覚した。動悸は突然始まり、脈を確認すると規則的ではなくバラバラに乱れて速く打つ感じだったという。洗い場の座椅子で休んでいたところ、約2分で症状は改善した。めまいや冷汗、眼前暗黒感などの症状は伴わなかった。このような症状は初めてで、その後繰り返すことはなかったが、 家族が心配したため受診した。

既往歴に特記すべきことはない。体温 36.6 ℃。脈拍 68/分、整。血圧 142/88 mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 98 %(room air)。心音と 呼吸音とに異常を認めない。

入浴時に生じた動悸の原因として最も可能性が高いのはどれか。

a. 心室頻拍

b. 心室細動

c. 上室性期外収縮

d. 発作性心房細動

e. 発作性上室性頻拍

解答を見る