66 歳の女性。2週間前から息切れと動悸があり来院した。生来健康でこれまでに貧血を指摘されたことはなく、不正性器出血はない。

眼瞼結膜は強度貧血様である。眼球結膜に黄染を認める。肝を触知せず、脾を左季肋下に3cm 触知する。

尿所見:蛋白1+、ウロビリノゲン3+、潜血(-)、へモジデリン(-)。血液所見:赤血球 170 万、Hb 5.5 g/dL、Ht 17 %、網赤血球 15 %、白血球 7,200、血小板 26 万。血液生化学所見:総ビリルビン 3.2 mg/dL、直接ビリルビン 0.8 mg/dL、AST 20 U/L、ALT 18 U/L、LD 684 U/L (基準 176〜353)、ハプトグロビン 5 mg/dL 以下(基準 19〜170)、フェリチン 46 ng/mL(基準 20〜120)。

この患者の鑑別診断に有用な検査はどれか。

a. 骨髄検査

b. 血清鉄検査

c. Coombs 試験

d. 血清免疫電気泳動

e. 赤血球浸透圧抵抗試験

解答を見る