61 歳の男性。ふらつきを主訴に来院した。

現病歴:1週間前から立ち上がるときにふらつきがあった。意識が薄らぐように感じるが消失することはない。悪心、胸痛、呼吸困難、動悸、頭痛、耳鳴り及び難聴はない。この数日ふらつきがひどくなっていることに加え、2日前から便が黒色になっているため、心配して受診した。

既往歴:42 歳から脂質異常症。55 歳時に心筋梗塞。スタチン<HMG-CoA 還元 酵素阻害薬>とアスピリンを処方されている。 生活歴:喫煙は 55 歳まで 40 本/日を 35 年間。飲酒歴はない。保険会社の支店長 で仕事量は多いが人間関係は良好である。運動をする時間はないという。 家族歴 : 独身。父親は心筋梗塞で死亡。母親は健康である。妹が脂質異常症。

現症 :意識は清明。身長 175 cm、体重 82 kg。体温 36.8 ℃。仰臥位脈拍 80/分、立位脈拍 88/分、整。仰臥位血圧 146/86 mmHg、立位血圧 122/80 mmHg。 呼吸数 20/分。SpO2 98 %(room air)。皮膚は正常。眼瞼結膜は貧血様だが、眼球結膜に黄染を認めない。口腔内は湿潤している。頸静脈の怒張を認めない。頸部血管雑音を聴取しない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めな い。眼振を認めない。指鼻試験陰性、Romberg 徴候陰性。四肢の筋力に異常を認めない。腱反射は正常。


この患者に有用でない検査はどれか。

a. 心電図

b. 直腸指診

c. 血液検査

d. 温度眼振検査

e. 上部消化管内視鏡検査

解答を見る

その後の経過 : 患者が検査に行くために診察室のドアを開けたところ、突然その場で倒れてしまった。駆け寄って患者の肩をたたいてみたが反応がないため、そばにいた看護師に応援を呼ぶことと隣の処置室の除細動器と救急カートとを持ってくることを依頼した。気道を確保し、呼吸と頸動脈の脈拍とを確認したが、呼吸はなく脈拍は触知できない。

次に行うべきなのはどれか。

a. アドレナリン筋注

b. 対光反射の確認

c. 胸骨圧迫

d. 気管挿管

e. 血管確保

解答を見る