34 歳の女性。労作時の息切れと動悸とを主訴に来院した。2か月前から症状が出現していたが、次第に呼吸苦が強くなってきたため受診した。

温 37.8 ℃。脈拍 108/分、整。右上肢血圧 130/50 mmHg、左上肢血圧 86/42 mmHg。左頸部から左鎖骨上窩にかけて血管雑音を聴取する。胸骨左縁第3肋間を最強点とするⅢ/Ⅵの拡張期雑音を聴取する。

胸部エックス線写真で心胸郭比 58 %、少量の胸水を認める。赤沈 110 mm/1 時間。血液所見:赤血球 410 万、Hb 12.2 g/dL、白血球 12,600(桿状核好中球 13 %、分葉核好中球 69 %、好酸球 1 %、好塩基球 1 %、単球 3 %、リンパ球 12 %)、血小板 23 万。血液生化学所見:AST 48 U/L、ALT 42 U/L、LD 368 U/L(基準 176〜353)。CRP 9.3 mg/dL。心エコー検査で左室拡張末期径 58 mm、左室駆出率 60 %、中等度の大動脈弁逆流を認める。胸部造影CT で上行大動脈壁の肥厚を認める。大動脈弓部と頸部血管の再構築画像を別に示す。入院後、利尿薬の投与を開始したところ息切れは速やかに改善した。

次に行うべき治療はどれか。

a. 抗凝固療法

b. 内膜剝離術

c. 大動脈弁置換術

d. 大動脈人工血管置換術

e. 副腎皮質ステロイドの投与

解答を見る