42 歳の男性。自力で動けなくなったため救急車で搬入された。2週間前から腰痛が増悪し、今朝から動けなくなった。2年前から定職に就かず路上生活を送っているという。

意識は清明。体温 37.2 ℃。心拍数 88/分、整。血圧 130/78 mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 98 %(room air)。疼痛のため、左股関節を伸展できず、仰臥位になることもできない。両下肢に明らかな筋力低下を認めない。腱反射に異常を認めない。

赤沈 45 mm/1 時間。血液所見:Hb 13.2 g/dL、白血球 9,000。CRP3.4 mg/dL。搬入時の腰椎エックス線写真と右半側臥位での腰椎造影 MRI及び入院3日目の仰臥位での腰椎 MRI の T2 強調像とを別に示す。

治療方針を決定するために有用なのはどれか。

a. 尿培養

b. FDG-PET

c. 腸腰筋穿刺

d. 腫瘍マーカー測定

e. 骨シンチグラフィ

解答を見る