55 歳の女性。0回経妊0回経産婦。閉経48歳。不正性器出血を主訴に来院した。2か月前から断続的な性器出血がある。

身長 148 cm、体重 60 kg。体温 36.5℃。脈拍 76/分、整。内診で子宮は 10 cm に腫大、可動性は良好。付属器に異常を認めない。腟鏡診で外子宮口からの出血を認める。

行うべき検査として適切でないのはどれか。

a. 骨盤部 MRI

b. 子宮頸部細胞診

c. 子宮内膜組織診

d. 経腟超音波検査

e. ヒトパピローマウイルス<HPV>検査

解答を見る