69 歳の男性。膵腫瘤の増大を指摘されて来院した。4年前の人間ドックで初めて径 15 mm の膵腫瘤を指摘され、経過観察とされていたが、その後医療機関を受診していなかった。今回、人間ドックで腫瘤の増大を指摘され紹介されて受診した。

体温 36.2 ℃。脈拍 72/分、整。血圧 132/80 mmHg。呼吸数 12/分。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知せず、圧痛を認めない。

血液所見:赤血球 402 万、Hb 14.0 g/dL、Ht 43 %、白血球 6,800、血小板 19 万。血液生化学所見:総蛋白 7.0 g/dL、アルブミン 4.0 g/dL、総ビリルビン 0.8 mg/dL、AST 23 U/L、ALT 22 U/L、ALP 213 U/L(基準 115〜359)、γ-GTP 17 U/L(基準8〜50)、アミラーゼ 42 U/L(基準 37〜160)、血糖 98 mg/dL。CRP 0.2 mg/dL。腹部造影CTと MRCPとを別に示す。腹部造影 CT で腫瘤の最大径は 35 mmである。適切な手術はどれか。

静脈血栓症のリスクファクターでないのはどれか。

a. 膵全摘術

b. 腫瘤核出術

c. 膵鉤部切除術

d. 囊胞小腸吻合術

e. 膵頭十二指腸切除術

解答を見る