6歳の男児。発熱を主訴に母親とともに来院した。10日前に家族で東南アジアに旅行に出かけ5日前に帰国した。4 日前に発熱と咳、鼻汁、眼脂および口腔内の粘膜疹が出現した。昨日から高熱となり皮疹も出現したため受診した。

意識は清明。体温39.9℃。両側の眼球結膜は充血し、咽頭に発赤を認める。両側の頸部に径1cmのリンパ節を数個ずつ触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。

血液所見:赤血球455万、Hb. 12.7g/dL、Ht 35%、白血球3,300(好中球63%、好酸球1%、好塩基球0%、単球8%、リンパ球28%)、血小板20万。血液生化学所見:AST 12IU/L、ALT 35IU/L、LD 446IU/L(基準176~353)。CRP 0.8mg/dL。咽頭ぬぐい液迅速検査:アデノウイルス陰性、A群β溶連菌陰性。皮膚の写真を別に示す。

家族への説明で最も適切なのはどれか。

a. 「熱が下がったら登校してもよいです」

b. 「発疹が消えたら登校してもよいです」

c. 「咳が出なくなるまで登校してはいけません」

d. 「熱が下がった後3日を経過するまで登校してはいけません」

e. 「すべての発疹がかさぶたになるまで登校してはいけません」

解答を見る