69歳の男性。顔面の皮疹を主訴に来院した。以前より顔面のしみが多かったが、3か月前からその一部の色が濃くなり、拡大してきたという。顔面の写真と黒色斑のダーモスコピー像とを別に示す。

この患者について正しいのはどれか。

a. 放射線治療が有効である。

b. 液体窒素療法が有効である。

c. 病変の深達度が予後に影響する。

d. ヒトパピローマウイルス(HPV)が発症に関与する。

e. センチネルリンパ節生検が診断のために必要である。

解答を見る