50歳の男性。2か月前から続く下痢と粘血便とを主訴に来院した。1週前から1日に6、7回の粘血便を認めている。海外渡航歴はない。

身長164cm、体重54kg。体温37.8℃。脈拍88/分、整。血圧120/60mmHg。眼瞼結膜は軽度貧血様である。内視鏡検査では結腸に多発性のびらんと潰瘍とを認める。採取された結腸粘膜生検組織のH-E染色標本を別に示す。

本標本に認められる所見はどれか。3つ選べ。

a. 静脈瘤

b. 陰窩膿瘍

c. 杯細胞の減少

d. 過形成性ポリープ

e. びまん性炎症細胞浸潤

解答を見る