67歳の男性。全身倦怠感と微熱とを主訴に来院した。1か月前から全身倦怠感を自覚し、1週前から37℃台前半の微熱が持続していた。数日前から、歯肉からの出血もみられた。

体温37.4 ℃。眼瞼結膜は貧血様だが眼球結膜に黄染を認めない。口腔粘膜に点状出血と咽頭に軽度の発赤とを認める。表在リンパ節は触知しない。心基部を最強点とするⅡ/Ⅵの収縮期駆出性雑音を聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾は触知しない。両側下腿に紫斑を認める。

血液所見:赤血球157万、Hb 5.7g/dL、Ht 15%、網赤血球0.3%、白血球1,800(桿状核好中球5%、分葉核好中球13%、好酸球3%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球72%)、血小板1.3万、PT 99%(基準80~120)、APTT 29秒(基準対照32.2)、血漿フィブリノゲン286mg/dL(基準200~400)、血清FDP 10μg/mL以下(基準10以下)。血液生化学所見:総蛋白7.0g/dL、アルブミン4.2g/dL、ハプトグロビン74mg/dL(基準19~170)、総ビリルビン0.6mg/dL、AST 28IU/L、ALT 22IU/L、LD 287IU/L(基準176~353)、尿素窒素18mg/dL、クレアチニン0.8mg/dL、尿酸3.6mg/dL、Fe 325μg/dL。CRP 1.3mg/dL。骨髄生検のH-E染色標本を別に示す。

対応として最も適切なのはどれか。

a. 経過観察

b. 同種造血幹細胞移植

c. 蛋白同化ホルモンの投与

d. エリスロポエチン製剤の投与

e. シクロスポリンと抗胸腺細胞グロブリン(ATG)の併用療法

解答を見る