50歳の男性。咳嗽と膿性痰とを主訴に来院した。3年前から咳嗽と喀痰とを自覚していたが医療機関を受診していなかった。6か月前から痰の性状が黄色となり、最近になって量も増加してきたため受診した。喫煙歴はない。

体温36.3℃。脈拍68/分、整。血圧118/76mmHg。呼吸数16/分。両側の胸部にcoarse cracklesを聴取する。

血液所見:白血球6,200(桿状核好中球6%、分葉核好中球50%、好酸球1%、単球7%、リンパ球36%。CRP 0.1mg/dL。動脈血ガス分析(room air):pH 7.41、PaCO2 36Torr、PaO2 81Torr、HCO3- 22 mEq/L。喀痰培養でムコイド型の緑膿菌が検出された。胸部エックス線写真と肺野条件の胸部CTとを別に示す。

治療として適切なのはどれか。

a. β2刺激薬の吸入

b. 抗コリン薬の吸入

c. 副腎皮質ステロイドの内服

d. カルバペネム系薬の点滴静注

e. 14員環マクロライド系薬の内服

解答を見る