75歳の男性。発熱を主訴に来院した。糖尿病腎症による腎不全のため10年前から血液透析療法を受けている。1か月前、内シャントが閉塞し透析を行うためカテーテルを2週間留置した。2週前から食欲不振と微熱が出現し、昨日、血液透析後から悪寒と戦慄とを伴う38℃台の発熱が出てきたため救急外来を受診した。

脈拍100/分、不整。血圧100/60 mmHg。今までに認められなかった心尖部を最強点とするⅢ/Ⅵの収縮期雑音を聴取する。

血液所見:赤血球320万、Hb 9.0g/dL、Ht28%、白血球10,500、血小板9.8万。血液生化学所見:AST 34IU/L、ALT 9IU/L、LD 231IU/L (基準176~353)、尿素窒素35mg/dL、クレアチニン5.0mg/dL。CRP 14mg/dL。血液培養の検体を提出した。

次に行う検査はどれか。

a. 胸部CT

b. 心エコー検査

c. 腹部血管造影

d. 腹部超音波検査

e. 上部消化管内視鏡検査

解答を見る